頸椎ヘルニア


大阪本町のドクターバン カイロプラクティックは米国の国家資格「ドクターオブカイロプラクティック (D.C.)」を取得した院長が直接、検査からケアプラン・施術まですべて提供しております。

 

 

ドクターバンカイロプラクティック:頸椎ヘルニア

頸椎ヘルニア

 

 

頸椎椎間板ヘルニアで悩まれている方、たいへん多いですね。

院長の私も、今までこの椎間板ヘルニア(首・腰)と診断を受けて来られた方が一番多かったかもしれません。

 

椎間板は、脊柱(背骨)の間にある、クッションのこと。

その椎間板がなんらかのストレスにより、後方へ飛び出した結果、そのすぐ後ろにある神経を圧迫して痛みや症状を引き起こします。

 

みなさん、首そして腕や手にかけて痛みやしびれを訴えられます。手に力が入りにくい方もおられます。

 

そして、痛み止めのお薬、シップはもちろん、電気を当てたり、牽引したり、マッサージを試したり。

それでも、良くならない人は多いです。

進行した頸椎ヘルニア、最後の手段としては手術ですが、それは避けたいですよね。

 

 

院長はこれまで実に多くの「頸椎ヘルニア」でお困りの方々を施術してきました

 

正直、手術を検討される前に、当院のカイロプラクティックを試してほしいと本気で思っています。

なぜなら、今まで多くの頸椎ヘルニアでお悩みの方が良くなったからです。

 

今まで多くの頸椎ヘルニアを見てきて、いろいろな発見がありました。

それは、ヘルニアがあるところには、必ず背骨のズレが存在し、その背骨のズレによる神経の圧迫があることです。そこをしっかりケアしないと、ヘルニアは良くなっていきません。

 

そして、もちろん、身体はつながっています。

ヘルニアの治療には、身体全体も一緒に治療しないといけません。実際、腰をよくしたら、首の症状もよくなった人もおられます。

 

当院では、まずレントゲン分析でしっかり検査します。

どの方角に、どの程度ズレがあるのか、そして施術の力加減はどの程度が最適なのか。

正確な分析は、正確な施術と安全にもつながります

 

首はデリケート部分故、触診や想像だけで施術することは安全とは言えません

 

そして、正しいエクササイズと日常生活のアドバイスで、患者さんと共に良くしていくことが大切だと思っています。

 

 

関連ブログ⇒「椎間板ヘルニア

 


改善例1 30代男性

 

首から左肩、腕、手まで痛みしびれめまい頭痛がここ数か月で一気に悪化、また歩くたびにかかとからの振動が首に伝わって、首に痛みがでたり、また痛みで睡眠も弊害

以前に整形外科に行き、MRIでは、C6/C7にヘルニアがあり、数か月間リハビリをしても一切効果がなく、当院へ来られました。

検査をすると、感覚障害だけではなく、腕や手に力が入らなくなっていました。

レントゲンでも、同じところに退行性変化などいくつか大切な情報を見つけました。

カイロプラクティックケアを開始して、数週間で症状がかなり楽になりました。本人いわく、痛みやしびれはかなり楽になり、めまいや頭痛は劇的に改善、今では軽い運動を再開できるようになっています。

もちろん、症状の改善スピードは人それぞれです。症状が早くになくなっても、はじめにたてた施術計画に基づいて身体を改善してゆきます(身体を根本改善するため:元に戻らない身体にするため)。途中、MRIを新しくとることになり(病院の意向)、C6/C7のヘルニアがかなりひいていました。これは本人もびっくりしていました。

 

お問い合わせはこちら

 

 

症例一覧に戻る


大阪中央区・本町駅徒歩1分にある整体院、

院長は日本とアメリカの国家資格を持つ米国公認カイロプラクティックドクター。

お子さんからご年配の方まで安心して来ていただける

ドクターバン カイロプラクティック」へ

 

お電話でのお問い合わせは、06-6265-8341(ホームページを見て....とお話し下さい)

メールなどその他からのお問い合わせはこちら

 

当院ブログはこちら

フェイスブック:http://www.facebook.com/drbanchiro 

エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_22187371/