頭痛:首が原因で起こる頭痛も多くあります


頭痛

 

ほとんどの方が頭痛に悩まされた経験があるのではないでしょうか。頭痛の80%以上は慢性頭痛といわれています。

 

頭の片側が脈動に合わせるようにズキンズキンと痛む「片頭痛」、時にめまいや吐き気を伴います。

側頭や後頭をギューと締め付けられる「緊張型頭痛」、これには首や肩こり、目の痛みなどが伴うこともあります。

また目の奥が強く痛む「群発性頭痛」。

 

これらの慢性頭痛には、ホルモンや月経バランス、鞭打ち、がく関節や歯、姿勢の悪さなどいくつか原因がありますが、頭痛持ちの人には首や背中になんらかの問題があり、そこにたいてい頭痛の原因があります。

 

 

カイロプラクティックの治療では、どこに原因があるのかをしっかり検査して治療していきます。そのため頭痛が改善された方がたくさんいらっしゃいます。

 

頭痛薬は原因の解決にはなりません、また長期の服用は体に悪影響です。

頭痛でお悩みの方は、一度ご相談ください。

 

 

 


実際の改善例1 20代女性

 

「長い間頭痛に悩まされていました。特に学校の試験に忙しい時期は、週に3~4回ほどの頻度でしんどかったです。こちらの先生に診ていただいたら、首のつけねあたりに原因があると言われました。一度目の治療から効果があり、その後定期的に通ったところ頭痛がなくなりました。おどろきでした。親も一緒に喜んでいます(笑) 」

 

 

改善例2 40代女性

 

仕事にストレスを抱えておられ、最近頭痛がはげしく、特にこめかみ部分と目の周りが痛むとのこと。ときに、片方の腕も重だるくなり、仕事に集中できないそうでした。

このようなケースは、首を中心に全体を診ていきます。どこに神経の圧迫があるのかをきっちりと検査して説明しました。説明に納得されたようなので、ケアプランに沿ってカイロプラクティックを受けていただきました。

ケアプラン後には、すっかり良くなられて知人に良く似たケースの方がおられたのか、連れてこられました。頭痛が長く首や腕のあたりまで症状がでているのは、慢性の証拠。治療に時間はかかりますが、このように多くの方が良くなった事実を見てきております。

 

 

改善例3 10代女性

 

たびたび頭痛があるとのことで、お母さんと一緒に来院されました。ひどい時は、一週間に4回ほど頭のこめかみ辺りや頭全体をおおうような頭痛だそうです。姿勢も首が前のめりであまりよくありませんでした。

首を触診すると、あるところでとても痛がります。

レントゲンでは、予想通り、首のカーブが逆になっていました。臨床経験上、頭痛があっても不思議ではありません。

10代と若く、スポーツもよくされているだけあって、カイロプラクティックの反応は早かったです。

今では頭痛はほとんどありません。姿勢ももちろんよくなりました。お母さんいわく、最近娘は以前のようにイライラしなくなったそうです。

 

 

お問い合わせはこちら

 

症例一覧に戻る


大阪中央区・本町駅徒歩1分にある整体院、

院長は日本とアメリカの国家資格を持つ米国公認カイロプラクティックドクター。

お子さんからご年配の方まで安心して来ていただける

ドクターバン カイロプラクティック」へ

 

お電話でのお問い合わせは、06-6265-8341(ホームページを見て....とお話し下さい)

メールなどその他からのお問い合わせはこちら