神経痛


神経痛

 

 

「足がしびれているのは、神経痛だ」「この腰の痛みは、坐骨神経痛だと思う…」など、私たちはよく「神経痛」という言葉を使います。

神経痛は病名ではなく症状の名前です。

 

体内を巡りにめぐっている神経組織で、背骨の神経の束から枝分かれした神経を末梢(まっしょう)神経といいます。

 

末梢神経には、体温や内臓機能を調整する自律神経、筋肉を動かす運動神経、そして痛みなど感覚を伝える感覚神経の三つがあります。

 

末梢神経の中の、感覚神経がなんらかの原因で刺激を受け、脳で痛みとして感知したものを「神経痛」と呼びます。

刺激を受けた感覚神経が痛みを感じ取り、脳に伝えて、「痛い」「しびれる」といった症状が繰り返されます。

 

有名なのは、腰から足にかけて起こる坐骨神経痛、背中から肋骨にかけて痛む肋間神経痛、顔に痛みがでる三叉神経痛、免疫低下で起こるとされる帯状疱疹後神経痛など。

 

また、原因不明の痛みも神経痛と呼ばれることもあります。

 

多くの場合、その神経痛には、神経(感覚神経)の圧迫があります。

それにより、痛みやしびれを脳が感知することで感じるのです。

 

カイロプラクティックは背骨と神経の専門家。

背骨から末梢神経が枝分かれする分岐点が、神経を最も圧迫しやすいところ。

背骨を中心に詳しく検査して、背骨のズレによる神経圧迫を取り除いていきます。

 

 


 

 

お問い合わせはこちら

 

症例一覧に戻る


大阪中央区・本町駅徒歩1分にある整体院、

院長は日本とアメリカの国家資格を持つ米国公認カイロプラクティックドクター。

お子さんからご年配の方まで安心して来ていただける

ドクターバン カイロプラクティック」へ

 

お電話でのお問い合わせは、06-6265-8341(ホームページを見て....とお話し下さい)

メールなどその他からのお問い合わせはこちら

 

当院ブログはこちら

フェイスブック:http://www.facebook.com/drbanchiro 

エキテン:https://www.ekiten.jp/shop_22187371/