側わん症


大阪本町のドクターバン カイロプラクティックは米国の国家資格「ドクターオブカイロプラクティック (D.C.)」を取得した院長が直接、検査からケアプラン・施術まですべて提供しております。

側わん症・脊柱側弯症

 

側わん症とは、背骨が左右に湾曲(カーブ)し、多くの場合背骨自体にねじれが伴います。

カーブの角度が大きい場合、左右の肩や腰の高さの違い、肩甲骨の突出、肋骨の隆起などの変形が目立ちます。

 

ほとんどは特別な原因が見当たらない「突発性側湾症」です。

最も多いのは思春期に発症、そして女の子に見つかることが圧倒的に多いです。

 

院長の私は、インドネシア、マレーシア、ベトナムでこれまで数多くの「側わん症」の方々を施術してきました。

 

アメリアで側彎症治療に特化したメソッド「ペティボン:Pettibon」の修了証明書を修得し、クリア認定ドクターの元で働いていた経験もあります。

 

東南アジアには実に側わん症の方々が多かったです。

カーブが改善した例もたくさんありましたが、あまりよくならなかった事例もあります。

 

側わん症には、時間もかかりますし、ご家族の協力も必要です。

治療と共に予防することも大切です。

特に成長期の子供は骨の成長がはやく、まずはこれ以上カーブの角度が大きくならないようにすることが重要です。

 

保存療法としてカイロプラクティックの有効性がアメリカの論文で報告されています。

あの有名なオリンピック金メダリストのウサイン・ボルト選手も側わん症で定期的なカイロプラクティックケアを受けているそうです。

 

当院は、レントゲン分析をしてその結果、どういった治療や予防が必要なのかをご説明します。

そして、ご自身のレントゲンを一緒に見ていただき、どこにカーブの先端があるのか、どっちの方向に背骨がねじれているのかを知っていただきます。

 

まず自分の身体をしっかり認識していただき、それをもとにエクササイズや日常生活で注意していただきたいアドバイスなどをお伝えしていきます。

また成長期のお子さんには側わん症に特化した栄養学の情報もお伝えします。

 

このように、カイロプラクティックを軸に、総合的なアプローチを行っていきます。

 

側わん症は、早期発見にこしたことはありません。

お子さんの背部痛、悪い姿勢などが気になる方、また側わん症だけど(だと思う)特に何も治療していない方など、一度こちらで検査されることをおすすめいたします。

 

 


★改善例1 18歳女の子

 

娘が側弯症ということで、母親と来院。側弯カーブの角度は軽~中程度でしたが、背中の痛みと高頻度の頭痛の悩みを抱えていました。

首のレントゲンも見ますとストレートネック以上に悪い、リバースネック(逆カーブ)。頭痛がひどいわけです。

ケアプランを立てて、自宅でエクササイズを毎日してもらいました。いろいろなアドバイスもしました。

3か月後、まず側弯カーブは数程度よくなっておりました。

そして、首は以前のリバースネックからかなり改善が見られました。もう頭痛はほとんどないそうです。背中の痛みもたいへん楽になったそうです。

側弯症は、背中の背骨が大きく曲がっているのが特徴ですが、首と骨盤にも問題があります

 

Before         ⇒     After


 

★改善例2 15歳女の子

 

活発な子でした。右後肋骨あたり(胸椎と腰椎移行部)が時に痛むとのこと。側彎症に多く、よく痛む場所ですね。カーブの角度が変わるところですので、骨、靭帯、筋肉に負荷がかかりやすいです。

運動が好きで、教えたエクササイズも毎日しているとのこと。お母さんにお伝えした栄養学をもとに食事も考慮されているそうです。

3か月後、上のカーブ(胸椎)は7度、下のカーブ(腰椎)は4度改善していました。

その後、たびたびチェックに来られつつ、あとはご自身でメンテナンスしていただいています。

Before          ⇒       After


 

★改善例3 16歳女の子

 

姿勢が丸まっており、時に頭痛と肩がこるとのことでした。

側弯のカーブの程度は、26度でした。

3か月間、しっかり施術計画をまもられ、また自宅でも指定したエクササイズをきちんとしていただきました。

結果は、26度から22度までカーブが減少しておりました。

丸まった姿勢も改善しておりました。もちろん、症状もよくなり、これからもカイロプラクティックとエクササイズを続けていくとのことでした。


 

★改善例4 15歳男の子

 

バスケットボールが大好きな、元気のある子でした。

肩や腰の筋肉が張った感じがあるということです。実際、筋肉が硬めでした。

レントゲンで見てみると、腰のカーブは11度でした。

三か月後、カーブは9度まで減少しておりました。

本人曰く、以前のような筋肉の張りがほとんどなくなったそうです。


 

★改善例5 15歳女の子

 

側弯症用のソフトな矯正ベルトをずっと付けていた女の子でした。

この特殊なベルトは、ヨーロッパ製で、ハードな装具とは違って装着時のストレスが全然違うとのこと。

母親が、ベルト以外になにか娘にできないかと悩んでいたところ、当院を知り来院。

当院で約4か月、しっかりカイロプラクティックケアプログラムに参加していただきました。

その結果、胸のカーブは17度→15度に、腰のカーブは13度→8度までに減少。

本人のがんばりもあり、母親も一緒によろこばれていました。

やはり、装具やベルトだけでは、カーブの改善までは難しいと思います。


 

★改善例6 18歳女の子

 

この方は、もうすぐ留学をするため1か月しか治療を受けれませんでした。

しかし、一か月間を週5回通われ、毎日のエクササイズをしっかり実施。

その前後のレントゲン分析の結果、胸椎のカーブは18度→15度に減少腰椎のカーブは17度→14度までに減少しました。

たった一か月でここまで結果がでたことに驚きです

留学先でもカイロプラクティックケアを受けると喜んでおられました。


 

★改善例7 18歳女の子

 

側弯のカーブがきつめの子でした。

背中がときどき痛むとのことでした。

カイロプラクティックケアを開始して、6か月後に再度レントゲンをとりました。

上のカーブは45度から39度へ、下のカーブは46度から40度へ減少しました。

本人も身体が軽くなった、背中の痛みが減ったとのこと。また、自分の背中の曲がりに対して、コンプレックスが少なくなったとおっしゃいました。


 

★改善例8  14歳女の子

 

病院では、3か月に一度のレントゲン検査は毎回していたが、アドバイスや指示も何もないので、一度当院へ来られました。運動好きな活発な女の子です。

まずは、レントゲン説明をして自分の身体を知ってもらいます。そして、この子にあったエクササイズをお伝えてして毎日してもらいました。

カイロプラクティックケアを受けてつつ、三か月後の再度レントゲン検査ではカーブが2度減少加えて、今まであった頭痛と生理不順がなくなりました。身体の神経の流れがよくなったということですね。

 

 

 

 

お問い合わせはこちら

 

症例一覧に戻る


大阪中央区・本町駅徒歩1分にある整体院、

院長は日本とアメリカの国家資格を持つ米国公認カイロプラクティックドクター。

お子さんからご年配の方まで安心して来ていただける

ドクターバン カイロプラクティック」へ

 

お電話でのお問い合わせは、06-6265-8341(ホームページを見て....とお話し下さい)

メールなどその他からのお問い合わせはこちら

 

フェイスブック:http://www.facebook.com/drbanchiro